google:Pixel 6以降、GoogleはChromebookとタブレット用のチップを製造する可能性があります

日経アジアのレポートによると、Googleは、3つのソースからの入力に基づいて、ChromeOSを実行する今後のラップトップおよびタブレット用に独自のチップセットの開発に取り組んでいる可能性があります。 技術の巨人は、Pixel6およびPixel6Proスマートフォン用のTensorチップをすでに発表しています。 レポートによると、Googleは2023年までに新しいチップセットを発表する可能性があります。
「Googleが開発している新しいCPUとモバイルプロセッサは、世界のモバイルデバイスの90%以上で知的財産が使用されているソフトバンクが管理する英国のチップ会社であるArmのチップブループリントに基づいています」とレポートは述べています。
同社は、デバイスに電力を供給するために独自のチップを自立することになると、Appleの本から一葉を取り除いたようです。 これは、会社が適切と考えるようにチップをカスタマイズするのに役立ち、ソフトウェアとのより良い統合にも役立ちます。 AppleはMacBook用のIntelチップにadieuを入札し、M1チップを採用することを決定した。 グーグルが考慮したのはアップルだけではない。 アマゾン、マイクロソフト、テスラ、バイドゥ、アリババなどの他のライバル企業も、独自のチップセットを構築するための競争に参加しています。
レポートは、グーグルがサプライヤーにスマートフォンの生産能力をさらに50%増やすように求めていると付け加えています。これは、Pixelデバイスの人気が高まることを期待していることを意味します。 出荷されたPixelデバイスの数について言えば、2019年はGoogleにとって最高の年であり、700万台を超えるPixelスマートフォンが販売されています。 しかし、IDCのレポートによると、翌年には売上が大幅に減少し、約370万台のデバイスが出荷されました。
日経アジアのレポートによると、チップ開発に焦点を当てると、インドを含む世界中からチップエンジニアがさらに雇用されるようになるでしょう。

Back to top button