EUの渡航制限:EUは米国を安全な渡航リストから外します。 渡航禁止令を支持する| 世界のニュース

ブリュッセル:欧州連合は月曜日、米国からの観光客に対するコロナウイルス感染の増加を理由に、27か国が米国からの観光客に対する制限を復活させることを推奨しました。
欧州理事会が米国を不必要な旅行のために安全な国のリストから削除するという決定は、夏の観光シーズンの前にブロックが国からの旅行者に対する制限を解除することを推奨した6月に与えたアドバイスを覆します。
ただし、ガイダンスは拘束力を持たず、米国の旅行者は大陸全体の旅行規則の雑多なものを期待する必要があります。
EUはまた、イスラエル、コソボ、レバノン、モンテネグロ、北マケドニアをリストから削除しました。
EUには統一されたCovid-19観光政策がなく、EU各国政府は、米国の観光客に国境を開放しておくかどうかを決定する権限を持っています。 考えられる制限には、検疫、到着時の追加のテスト要件、または米国からのすべての不要な旅行の全面禁止が含まれる可能性があります。
コロナウイルス危機の前に毎年1500万人以上のアメリカ人がヨーロッパを訪れ、新しい渡航禁止令はヨーロッパに数十億ドルの費用をかける可能性があります。
この勧告は、今年の初めに正式にEUを去り、今月初めに米国からの完全にワクチン接種された旅行者に国境を開放した英国には適用されません。
米国は英国の「琥珀色」の旅行リストに残っています。つまり、米国から英国に到着する完全に予防接種を受けた成人は、自己隔離する必要がありません。 Covid-19テストは英国に到着する3日前に必要であり、別のテストは到着の2日後に必要です。
一方、バイデン政権が禁止を解除するようブロックから要請されたにもかかわらず、米国はまだEUの観光客に国境を再開していません。 欧州委員会の内務担当スポークスパーソンであるアダルバート・ジャーンズ氏は月曜日、EUの執行部はこれまでのところ相互のアプローチを見つけることができなかったため、米国政府との話し合いを続けていると述べた。
欧州理事会は、制限を解除すべき国を決定するために使用される疫学的基準に加えて、「相互主義もケースバイケースで考慮されるべきである」と述べた。
欧州理事会は、コロナウイルス感染レベルに関連する基準に基づいて安全な旅行リストを更新します。 2週間ごとにレビューされます。 EUリストに載る基準は、過去14日間で住民10万人あたり75件以下の新しいCovid-19症例です。
先週の米国では、新しいコロナウイルスの症例は1日平均152,000を超え、時計を1月末に戻し、入院したCovid-19患者の数は約85,000人で、2月上旬以来見られませんでした。
米国のコロナウイルスによる死亡は、数日間で1日1,200人を超えており、7月上旬の7倍でした。

Back to top button