Covid-19の新しい感染後治療が特定されました

ワシントン:科学者たちは、Covid-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の感染後の治療法を特定し、マウスのウイルス複製を阻止する効果を実証することに成功しました。
国立科学アカデミーのジャーナルProceedingsに掲載されたこの研究は、SARS-CoV-2に感染し、プロテアーゼ酵素の阻害剤で処理された動物モデルが、生存率を大幅に増加させ、肺ウイルス量を減少させたことを示しています。
これらのプロテアーゼ阻害剤は、ウイルス酵素に選択的に結合し、感染性ウイルス粒子の生成に必要なタンパク質の活性化をブロックすることによってウイルス複製を防ぐ抗ウイルス薬のクラスです。
「私たちは猫の致命的なコロナウイルス感染を治療するためのプロテアーゼ阻害剤GC376を開発しました。これは現在、治験中の新しい動物用医薬品として商業開発中です」と、米国カンザス州立大学のキム・ユンジョン准教授は述べています。
「Covid-19が出現した後、多くの研究グループが、この阻害剤がCovid-19を引き起こすコロナウイルスに対しても有効であると報告し、現在、多くの研究グループが治療法としてプロテアーゼ阻害剤の開発を進めています」とキム氏は述べた。
研究チームは、重水素化と呼ばれるツールを使用してGC376を変更し、SARS-CoV-2に対する有効性をテストしました。
感染後24時間から始まる重水素化変異体による治療は、未治療のマウスと比較してマウスの生存率を有意に増加させた、と研究者らは述べた。
結果は、重水素化変異体がSARS-CoV-2に対する抗ウイルス剤として優れた可能性を持っていることを示唆している、と彼らは言った。
「SARS-CoV-2に感染したマウスを重水素化GC376で治療すると、生存率、肺でのウイルス複製、体重減少が大幅に改善され、抗ウイルス化合物の有効性が示されました」とカンザス州立大学のチャン・キョンオク教授は述べています。
「結果は、重水素化GC376がさらなる開発の可能性を秘めていることを示唆しており、この重水素化法を他の抗ウイルス化合物に利用して強力な阻害剤を生成することができる」とチャン氏は述べた。
ウイルス学者は、さまざまな方法を使用して改善された阻害剤を開発し続けています。 重水素化GC376は現在、さらなる開発の可能性について評価されています。

Back to top button