9人のロシアのコロナウイルス患者が酸素供給の機能不全の後に死ぬ

モスクワ:ロシアの通信社は月曜日に、酸素パイプが地下で破裂し、集中治療室への供給が途絶えた後、9人のコロナウイルス患者が南部の都市ウラジカフカズのロシアの病院で死亡したと報じた。
「コロナウイルスの9人の患者が酸素不足のために死亡した」とTASS通信社は地元の保健省が言ったと述べた。
「合計71人が集中治療を受けていたが、全員が酸素供給を受けていたわけではなかった」とTASSは同省の言葉を引用した。
地方当局は、ウラジカフカスの北約80 km(50マイル)にあるモズドクの町から市内のすべての病院に酸素を供給することで国防省と合意したとRIAは報じた。
「地下にある貯水池からの酸素パイプが破裂し、酸素供給が停止した」と、ウラジカフカスが位置する北オセチア地域の代行責任者は、RIA通信社によって述べたと述べた。
「医療スタッフは、人工呼吸器を使用している患者を酸素タンクに接続し始めました。酸素タンクが到着し始めました」と、北オセチア・セルゲイ・メニャイロの代理責任者は言いました。

Back to top button