10億回分のCovidワクチンの生産が順調に進んでいるクワッド諸国:米国

ワシントン:クワッド諸国は、2022年末までにインドで少なくとも10億回分のコロナワクチンを生産する予定であるとホワイトハウスはここで述べ、紐を付けずに世界中の貧しい人々に無料のジャブを提供するというコミットメントを繰り返した。
クワッドグループは、オーストラリア、インド、日本、米国で構成されています。
3月、Quadのリーダーは、最初の仮想サ​​ミットで、東南アジアに10億個のワクチンを提供することを約束しました。
ホワイトハウス報道官のジェン・サキ氏は記者会見で、「私たちのクワッドパートナーシップは、2022年末までにアジア地域向けにインドで少なくとも10億回分のコロナワクチンを生産するのに役立つ軌道に乗っている」と語った。 ‘
彼女はこれまでに米国が世界に1億1000万のワクチンを提供したと言った。
「これは他のどの国よりも多い。それが始まりであることも明らかにし、購入したファイザーの5億回分の寄付も開始した。今月後半に寄付を開始する」とプサキ氏は語った。 。
彼女は、米国が他のどの国よりも世界レベルで「はるかに多くの」行動をとったと主張し、世界社会にステップアップするよう促した。
「G7で何らかの行動が見られました。さらに多くのことが必要です」と彼女は言い、健康の専門家によると、110億回の投与がまだ必要であると付け加えました。
「それで、私たちの努力は、これがUNGAであろうとG20であろうと、将来開催される会議であろうと、グローバルなエンゲージメント会議でこれを中心的な議論にすることを継続すると思います。なぜなら、それは最も豊かな国すべてを必要とするからです。米国を含む世界では、ステップアップし、ワクチンの寄付を増やし、製造能力を高める」と述べた。
彼女は、米国は国民にワクチンを提供するだけでなく、他の国にも寄付することができると主張した。
「私たちは両方を行うことができると信じています。また、この国では、すべてのアメリカ人がワクチンを利用できるようにするのに十分な供給があります。FDAが人口の一部にブースターが推奨されると決定した場合に十分な供給があります。 、それらも提供するために。私たちは両方を行うことができると信じており、その選択をする必要はありません」と彼女は言いました。

Back to top button