英国は311人のアフガニスタンのサポートスタッフを排除することを誓う

ロンドン:英国は月曜日に、軍隊を助けたが現在タリバン政権下で苦しんでいる300人以上のアフガニスタン人を救出するために最善を尽くすと述べた。
ボリス・ジョンソン首相は議会で演説し、急いで西部の空輸が終了した後、何人のイギリス・アフガニスタン人が残っているかについての質問に答えることができませんでした。
数千人が満員のイギリス空軍の飛行機でカブールから出たが、通訳など、英国のアフガニスタン移住と支援政策の対象となる311人が取り残されたと彼は述べた。
「私たちは、それらの人々が彼らにふさわしい安全な通路を確実に得られるように、できる限りのことをします」とジョンソンは言いました。
空輸は「我が国の戦後史上最も壮観な作戦の1つ」であり、英国に新たに到着したアフガニスタン人を収容し教育するための「平等な努力」を誓ったと彼は述べた。
ジョンソンは、民兵が海外で凍結されたアフガニスタンの資金で数十億ドルにアクセスしたい場合、去ることを望む人々を許可し、女性の権利を尊重するというタリバンの名誉の約束を要求した。
首相は、アルカイダによる9/11攻撃の土曜日の20周年を前に、特にアフガニスタンが過激派が海外で攻撃を開始するための避難所になるのを防ぐためにタリバンに圧力をかけた。
ジョンソンは2001年に、タリバンの勝利を収めた政権復帰は努力が無駄だったことを示していると言う保守党を含む批評家に対して、英国と西側の介入を擁護した。
彼は今月後半に、ニューヨークの国連総会でイスラム主義者に説明を求めるコンセンサスを求めると述べた。
「私たちはタリバンを彼らの言葉ではなく行動によって判断し、あらゆる経済的、政治的、外交的手段を使って自国を危害から守り、アフガニスタンの人々を助ける」と英国の指導者は述べた。

Back to top button