英国の新しいブレグジット後のスキームの研究配置ハブの1つであるインド| インドのニュース

ロンドン:英国からの40,000人もの学生が、英国政府の新しいチューリングスキームの下で留学し、海外で働くことができます。インドは、そのような配置のための150の国際的な目的地の1つです。
新しいグローバルスキームは、欧州連合(EU)固有のエラスムススキームに代わるBrexitの直接の結果であり、英国の学生の海外派遣に資金を提供するために、1億1,000万ポンドのチューリングスキームから大学や学校に助成金を授与します。
教育省(DfE)は水曜日に、大学の配置の最小期間がエラスムスの下での3か月から4週間に短縮され、他のコミットメントを持つ学生が海外に行くことがより簡単になると述べました。
また、プレースメントの少なくとも48%を、不利な立場にあるバックグラウンドのプレースメントにターゲティングすることにも焦点を当てています。
「世界中の最高の教育機関とのパートナーシップを強化することで、チューリングスキームは政府のブレグジット後のビジョンを実現し、新世代がヨーロッパの国境を越えた機会をつかむのに役立ちます」と英国教育長官のギャビンウィリアムソンは述べています。
「故郷から遠く離れた国で働き、学ぶ機会は、一生に一度の機会です。これは、精神を広げ、スキルを磨き、結果を改善します。しかし、これまで、最も特権のある人々が不釣り合いに楽しんでいた機会でした。背景」と述べた。
今週、英国全土の120以上の大学、学校、その他の教育大学が、3月に開設されたTuringScheme助成金の落札について知る予定です。
DfEは、一部の学生が直面する障壁に取り組むために、旅行やパスポートやビザなどの費用、生活費の助成金など、プログラムを通じて国際的な機会へのアクセスを改善するためのさまざまな措置を講じていると述べました。留学中。
配置が障害のある参加者のニーズや特別な教育的ニーズを確実に満たすように、準備訪問のための追加のサポートも考慮されています。
「私たちの学校、大学、大学はこのプログラムを成功させるためにたゆまぬ努力をしてきました。国際協力のこの機会を真に受け入れてくれた彼らとそのグローバルパートナーに感謝します」と英国の大学大臣ミシェルドネランは述べました。
今年サポートされた個々のプレースメントの総数は40,000を超え、これには大学生の28,000のプレースメントが含まれます。これに対し、2018-19年度のエラスムスでは18,300のプレースメントがサポートされています。
「チューリングスキームは、全国から数千人の学生が留学や留学の経験を積む機会を生み出します。私たちが収集した証拠から、そのような経験を持つ学生は、学業や雇用の成果においてより良い成績を収める傾向があることがわかります。これは、不利な立場にある学生に特に当てはまります」と、140を超える大学を代表するUniversities UKInternationalのディレクターであるVivienneSternは述べています。
「私たちは、幅広いバックグラウンドを持つより多くの学生にこの種の機会を得てもらい、もしそうすれば、英国経済は長期的には恩恵を受けると信じてほしい」と彼女は述べた。
カレッジ協会の最高経営責任者であるデビッド・ヒューズは、次のように述べています。「海外で働く、勉強する、または競争する機会は、すべての若者の人生のチャンスにとって非常に重要です。それは国際的なパートナーシップにとって新しいものであり、幅広い国々での交流を模索しています。
「世界が再び開かれ、あらゆるバックグラウンドの学習者が技術的および個人的なスキルを身に付け、自信をつけ、他の文化を体験する機会にアクセスするため、パンデミック後の学生の流動性は非常に重要になります。」
チューリングスキームは、第二次世界大戦でナチスのエニグマコードを解読する前にプリンストン大学に留学した、「現代のコンピューティングの父」として知られる先駆的な英国の戦争の英雄、アランチューリングにちなんで名付けられました。

Back to top button