米国はアフガニスタンで500人以上のジャーナリストを取り残している:下院議員マイケル・マコール

ワシントン:米国下院外交委員会の上級共和党員であるマイケル・マコール氏によると、米国グローバルメディア庁(USAGM)に雇用されていた500人以上のジャーナリストとその家族がアフガニスタンの国務省に見捨てられたという。
マコール氏は火曜日の声明で、「米国務省が、実際には数百人のUSAGMジャーナリストとその家族を放棄したにもかかわらず、地元の従業員を避難させたと主張したことは絶対に恥ずべきことだ」と述べた。 「これらのジャーナリストの何人かは、バイデン政権から、彼らが地元で雇用されたスタッフとして扱われるという保証を与えられたが、そうではなかった。」
マコール氏は、米国政府ではなく米国の同盟国による努力のおかげで、米国のメディア機関からの50人のスタッフだけが避難したと述べた。 米国グローバルメディア庁(USAGM)は、Voice ofAmericaやRadioFree Asiaなど、米国が資金提供する5つのメディアを監督するネットワーク化されたグローバルメディアエージェンシーです。
マコールは、ジャーナリストの1人、彼の妻、および幼児の子供を助けるための彼のオフィスからの嘆願は繰り返し無視されてきたと述べた。 「私の事務所はこれらのジャーナリストの一人と協力していて、彼、彼の妻、そして彼の幼児を救うことができるように彼の事件に注意を向けさせるために2週間試みました-しかし私たちの嘆願は無視されました」と彼は言いました。
共和党議員はさらに、ジョー・バイデン大統領と国務省に対し、これらの人々を安全に、脅威から遠ざける方法を迅速に見つけるよう求めた。
米国のメディアの報道によると、米軍が1日約2万人しか避難できなかった8月に、米国の優先ビザの対象となる約25万人のアフガニスタン人がこの国に残った。
米国は8月30日にアフガニスタンからの軍隊の撤退を完了し、最長の戦争の1つを終結させた。 数週間のうちに、米軍と連合軍はアフガニスタンから123,000人以上の民間人を避難させ、そのうち6,000人強が米国市民でした。

Back to top button