大雨は日本で洪水、地滑りを引き起こします

東京:土曜日に豪雨が西日本で洪水と地滑りを引き起こし、少なくとも1人が死亡し、2人が行方不明になったため、100万人以上が避難所を探すよう促されました。
広島と九州北部の当局は、気象庁がこの地域で前例のないレベルの雨を報告したため、最高の避難警報を発した。
強制的な警告の下で、約140万人の住民がすぐに家を出るように求められた、と公共放送NHKが報じた。
福岡市久留米市の救命ボートで救助隊が水没した通りを曳航している様子や、佐賀県に泥流が溢れ出している様子がテレビで放映された。
長崎県雲仙市で土砂崩れにより2軒の家屋が破壊され、59歳の女性が死亡し、家族2人が行方不明になったと地元当局者は語った。
「150人以上の軍隊、警察、消防士が救助活動のために現場に派遣された」と熊崎匠はAFPに語った。
「彼らは、大雨が続く中、さらなる土砂崩れに注意しながら、行方不明の住民を注意深く探しています。」
豪雨は、国の広い範囲でさらに数日間予測されています。
科学者たちは、温暖な大気がより多くの水を保持するため、気候変動が日本や他の場所で大雨のリスクを強めていると言います。
「前例のないレベルの大雨が観測された」と気象庁の関係者である足立祐史氏は東京の記者団に語った。
「すでに何らかの災害が発生している可能性が高い」と足立氏は語った。
「地滑りや洪水のリスクが通常それほど高くない地域でも、最大限の警戒が必要です。」
先月の豪雨により、熱海の中心的なリゾートタウンで壊滅的な地滑りが発生し、23人が死亡し、4人が行方不明となった。
そして2018年には、毎年の梅雨の時期に西日本が洪水に見舞われ、200人以上が亡くなりました。

Back to top button