中国は、カップルがより多くの子供を持つことを奨励するために、sopを使用した三人っ子政策を承認します

北京:金曜日の中国の国会は、世界で最も人口の多い国での出生率の急激な低下を防ぐことを目的とした主要な政策転換において、与党共産党によって論議された三人っ子政策を正式に承認した。
中国の夫婦が3人の子供を持つことを許可する改正された人口と家族計画法は、全国人民代表大会(NPC)の常任委員会によって可決されました。
コストの上昇により中国人夫婦がより多くの子供を産むことに消極的であることに対処するための明らかな試みにおいて、改正法はまた、懸念に対処するためのより多くの社会的および経済的支援措置を可決した。
新法は、国が財政、税金、保険、教育、住宅、雇用などの支援措置を講じて、家族の負担と子育てと教育の費用を削減することを規定している、と国営のチャイナデイリーは報じた。
NPCは、社会的および経済的発展の新しい状況に対処し、バランスの取れた長期的な人口増加を促進するという中央指導部の決定を実施するために法律を改正したと報告書は述べた。
今年の5月、与党の中国共産党(CPC)は、すべてのカップルが最大3人の子供を持つことを許可するという厳格な2人の子供の方針の緩和を承認しました。
中国は2016年にすべてのカップルに2人の子供を産むことを許可し、政策立案者が国の人口動態の危機を非難した数十年前の一人っ子政策を廃止しました。
中国当局は、30年以上にわたって実施された一人っ子政策が4億人以上の出産を防いだと主張している。
3人目の子供を許可する決定は、今月の10年に1回の国勢調査の後で行われ、中国の人口は、早くも来年に減少が始まる可能性があるという公式の予測の中で、最も遅いペースで14億1200万人に増加したことを示しました。
新しい国勢調査の数字は、中国が直面した人口動態の危機は、60歳以上の人口が昨年18.7パーセント増加して2億6400万人に増加するにつれて深まると予想されていたことを明らかにしました。
人口減少が深刻な労働力不足につながり、世界第2位の経済に悪影響を与える可能性があるという懸念から、家族計画の制限を撤廃するよう政府に求める声が高まったため、CPCは3分の1を許可することを決定しました。家族計画の方針を完全に廃止することを拒否している間、子供。
国家統計局(NBS)の寧吉喆局長は、「データは、中国の人口の高齢化がさらに深まっていることを示しており、長期的なバランスの取れた人口開発を達成するというプレッシャーに直面し続けるだろう」と述べた。 5月11日の人口調査。
二人の子供の方針は、子育てに多額の出費をしたことを理由に、二人目の子供を選ぶ人が少なかったため、夫婦に二人目の子供を産むように促すことができませんでした。
北京大学経済学部の梁建張教授は、反応が悪かったため、政府は、国の少子化を支えるために、新生児1人につき100万元(156,000米ドル)を両親に提供するよう提案した。
恒生銀行(中国)のチーフエコノミスト、ダン・ワン氏は、三人っ子政策は中国の出生率にプラスの影響を与えるが、当局が期待したほどではないと述べた。
「住宅と教育の高額な費用、および女性の雇用保護の欠如は、子供を産むことに対する強い経済的制約です」と彼女は言い、3人目の子供を産む費用はほとんどの中産階級にとって高すぎるだろうと付け加えました。家族。
減少傾向により、中国の人口統計学者は、インドの人口が2027年の国連の予測よりも早く中国を追い越し、世界で最も人口の多い国としてトップの座を占める可能性があると予測しました。
国連の報告によると、2027年頃に世界で最も人口の多い国として中国を上回ると予測されているインドは、現在から2050年の間に2億7300万人近くを追加し、今世紀末まで最も人口の多い国であり続けると予測されています。
国連の報告によると、2019年のインドの推定人口は13.7億人、中国は14.3億人であり、2027年までにインドの人口は中国を上回ると予測されています。
北京大学の社会学教授であるLuJiehua氏は、中国の人口は減少し始める前に2027年までにピークに達する可能性があると述べた。 一部の人口統計学者は、2022年にピークが来るかもしれないと信じています。
中国はまた、2020年に1200万人の出生を記録し、4年連続で減少したため、少子化の罠に陥るリスクに直面しています。
中国の出産可能年齢の女性の合計特殊出生率は1.3であり、比較的低い水準でした。
中国の中央銀行である中国人民銀行(PBOC)の今年の報告によると、2025年以降、人口増加がマイナス成長に転じ、消費者需要が不足するため、中国の人口統計は変化するだろうとのことです。
「総人口がマイナス成長に入るとき [after 2025]、需要が不足します。 中国人民銀行の金融政策委員会のメンバーであるカイ・ファング氏は、人口統計が将来の消費に与える影響に注意を払う必要がある」と述べた。
PBOCの調査によると、中国は直ちに出生政策を自由化するか、2050年までに米国よりも労働者の割合が低く高齢者介護の負担が高いというシナリオに直面する必要があります。
国は人々の子供を持つ能力を妨げるべきではないと述べた。さもないと、人口減少の経済的影響を逆転させるには遅すぎるだろう。
中国はまた、定年を引き上げるための進歩的で柔軟かつ差別化された道を目指しています。

Back to top button