世界クリケット選手権:世界クリケット選手権3がテルグ語の解説を取得

最近1億6000万ダウンロードマークに達した世界クリケット選手権3(WCC 3)は、元インドのクリケット選手で現在のIPLコメンテーターであるVenkatapathyRajuが声を出したテルグ語バージョンを導入しました。
イングリッシュボウラー、コラムニスト、BBCクリケットコメンテーターのイサグハも、ゲームのイングリッシュコメンタリー名簿にマシューヘイデンに加わります。 このゲームでは、アカシュ・チョプラとアビナフ・ムクンドによるヒンディー語とタミル語の解説もそれぞれ提供されています。
Venkatapathy Raju氏は、次のように述べています。「デジタル時代では、世界クリケット選手権のようなシミュレーションタイトルは、クリケットのスポーツを見る新しい方法です。 チームと一緒に仕事をするのは素晴らしかったです。テルグ語を話す大勢の聴衆に、いつでも電話で連絡できることをうれしく思います。」
たまたま最新版であるWCC3には、実際のクリケットのシミュレーション、新しいコントロール、アニメーション、アスリートやプロのクリケット選手のリアルタイムモーション、女性のクリケット、400以上のトーナメントがあるキャリアモードなどの更新されたゲームプレイ機能が注入されています。国際リーグなど。 ゲームは最近、スタンドアロンのeスポーツロビーも追加しました。
世界クリケット選手権シリーズは、インドを拠点とするゲームおよびスポーツメディアプラットフォームであるNazaraTechnologiesの子会社であるチェンナイを拠点とするNextWaveMultimediaによって作成されました。 自家製のタイトルは、英国、オーストラリア、米国、アラブ首長国連邦、スリランカ、パキスタン、バングラデシュを含む150か国以上で再生されていると開発者は主張しています。

Back to top button