ミシガン州の男性が米国議会議事堂の暴動容疑で有罪を認め、有罪判決を受けた

ワシントン:米国議会議事堂への暴行が軽罪で有罪を認めた後、裁判前の拘留に服役する前に、ソーシャルメディアの信者に「私たちの国を取り戻す」ように促したミシガン州の男性。
司法取引の一環として、ミシガン州のアッパー半島のカール・ドレッシュさん(41歳)は、水曜日または木曜日に刑務所から釈放される予定だったため、捜査官によるインタビューに同意したと、彼の弁護士は連邦裁判官に語った。
Dreschは、水曜日に国会議事堂でのデモの罪で有罪を認めた後、少なくとも1月6日に有罪判決を受けた4人目の被告です。 連邦当局は、暴動関連の告発に直面している28人の被告が有罪の罪状認否を入力し、ほとんどの被告の判決がまだ保留中であると述べた。
535人以上の人々が、ドナルド・トランプの支持者が議会がジョー・バイデン大統領の選挙での勝利を証明するのを阻止しようとした暴動から生じた告発に直面しています。 暴動の前に、トランプは支持者にスピーチを行い、広範な投票詐欺によって選挙が彼から盗まれたという彼の誤った主張を繰り返した。
米国地方裁判所のエイミー・バーマン・ジャクソン裁判官は、ドレッシュは6か月間、裁判前に拘留されていたと述べた。 彼の司法取引の一環として、検察官は証人の改ざんの容疑を含む4つの追加の容疑を取り下げました。
「選挙の結果が気に入らないので、戦争を呼びかけることはできない」とジャクソン氏は語った。
検察官のジェニファー・ブラックウェルは、ドレッシュが1月6日の暴力の可能性を助長する複数の炎症性ソーシャルメディアの投稿を投稿したが、暴動中に国会議事堂で過ごした25分間は実際には暴力に関与しなかったと述べた。
ジャクソン裁判官は、「被告は大げさな話者であるが、彼の行動は彼のレトリックと一致しなかった」と述べた。

Back to top button