Trending

スモールセルネットワーク市場の収益、地域と国のシェア、主要な要因、傾向と分析、2027年まで:レポートとデータ

スマートデバイスの浸透の増加は、IoTデバイスの急速な進歩と、シームレスな接続を提供するスモールセルネットワークの可能性と相まって、スモールセルネットワーク市場の成長に貢献しています。

市場規模– 2019年に167億8000万米ドル、市場成長率– CAGR 19.9%、市場動向–都市部および遠隔地でのモバイルデータの使用の増加。

世界の スモールセルネットワーク市場 は、2019年に167億8000万米ドルに達し、2027年までに719.4億米ドルに達すると予想されており、19.9%のCAGRを記録しています。ソーシャルメディア、ライブストリーミング、ゲームの魅力が急増するにつれて、モバイルネットワークの使用は大幅に増加しています。ウェアラブルデバイスの出現とスマートデバイスの普及に伴い、モバイルブロードバンドの利用は世界的に急速に増加しています。 

スモールセルは、セルサイトを細かく分割する低電力基地局であり、主に屋内および屋外の設定で展開され、迅速でシームレスなデータ配信を実現します。スモールセルネットワークは、将来のLTEネットワークの重要な部分であり、安価な展開、柔軟なバックホールオプション、小型コンポーネントなど、いくつかの利点があります。 

IoTデバイスの急速な発展と、デバイス間の迅速かつ直接的な接続を提供するスモールセルネットワークの可能性は、主に市場の成長を推進しています。 HD VoLTE、VR、および4Kビデオの急増する需要は、スモールセルネットワークの追加需要を生み出し、それによって市場の成長を推進すると予想されます。

主要な市場プレーヤーは、とりわけ、合併や買収、コラボレーション、合弁事業、製品開発、技術の進歩、パートナーシップなどの戦略的提携に積極的に取り組んでいます。

レポートのサンプルを入手@ https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/1086

レポートからのさらなる重要な発見が示唆する:

  • 遠隔地でのモバイルネットワークへの依存が急増し続けているため、通信事業者は主にスモールセルとワイヤレスの展開に焦点を合わせていますデータ配信と音声品質を高速化するための屋外設定のネットワーク。
  • 軍事、家庭、その他の業界などのエンドユーザー業界でのスモールセルネットワークの展開は、市場の成長を促進しています。
  • スモールセルネットワーク市場は、2026年までに940億米ドルの評価を達成すると推定され、167.8億米ドルから成長し、予測期間を通じて19.9%のCAGRを記録します。
  • 動作環境に基づいて、屋内セグメントは、屋内設定での強化されたネットワーク接続に対する需要の高まりにより、大幅な成長を記録すると予想されます。
  • タイプに基づいて、フェムトセル技術は、集中化ハブの需要が低く、バックホールの強化が安価な分野に組み込まれているため、市場で最大のシェアを獲得する準備ができています。
  • スモールセルネットワーク市場は、5Gネットワ​​ークの急速な進歩と展開、スマートデバイスの普及の増加、都市部と遠隔地でのモバイルデータの使用の増加により、大幅な成長が見込まれています。
  • 地域の状況では、北米は、モバイルデータのトラフィックの増加に起因する予測されたタイムラインでスモールセルネットワーク市場を支配するように設定されています。これに伴い、この地域での5Gネットワ​​ークの展開と進歩、および通信事業者がモバイルインフラストラクチャに5Gを展開するために取ったイニシアチブは、この地域の市場の成長に牽引力を加えています。
  • アジア太平洋地域は、中小企業の屋内スモールセルネットワークの急速な進歩と、中国およびその他のAPAC地域全体での5Gネットワ​​ークの急速な展開により、予測期間中に大幅な成長を示すと予想されます。中断のない高速データを提供するための韓国、日本、中国の政府のイニシアチブも、この地域の市場の成長を後押ししています。
  • スモールセルネットワーク市場の著名なプレーヤーは、Cisco Systems、Inc。Ericsson、Airspan Networks、Inc.、Huawei Technologies Co. Ltd.、ZTE Corporation、Qualcomm Telecommunications、Texas Instruments、Hitachi、Ltd。、およびCommScope、Inc。です 
  • 。2019年、Nokia Corporationは、空港、ショッピングモール、病院などの混雑したエリアに対応するために、屋内と屋外の設定用に特別に設計された2つの小型セル製品を発売しました。
  • 2019年9月、SwisscomとEricssonは協力して、屋内アプリケーション向けにスイスにスモールセルネットワークを展開しました。

業界の主要なトレンドを特定するには、以下のリンクをクリックしてください。 https://www.reportsanddata.com/report-detail/small-cell-networks-market

このレポートの目的のために、レポートとデータは、タイプ、サービス、動作環境に基づいて、グローバルスモールセルネットワーク市場をセグメント化しました。エンドユーザー、および地域:

タイプ別(収益、百万米ドル、2027年) 

  • フェムトセルセルセル
  • 2017〜マイクロメトロ
  • セルピコ
  • 2017〜

サービス別(収益、百万米ドル、2027年)

  • 設置および統合
  • 保守およびサポート
  • ネットワーク計画および設計
  • プロフェッショナルサービス

運用環境別の(収益、百万米ドル; 2017–2027)

  • 屋内 
  • 屋外

エンドユーザーによる(収益、百万米ドル; 2017–2027)

  • 消費者およびソーホー
  • 中小企業
  • 大企業

地域別の(収益、百万米ドル; 2017–2027)

  • 北米
  • ヨーロッパ 
  • アジア太平洋
  • ラテンアメリカ 
  • 中東およびアフリカ

レポートのカスタマイズをリクエスト@ https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/1086

コンテンツの表

:TOCのハイライト:

第1章市場概要

    1.1。市場の定義

    1.2。調査範囲と前提

    1.3。方法論

    1.4。市場推定手法

第2章エグゼクティブサマリー

    2.1。要約スナップショット、2019-2027

第3章指標指標

第4章スモールセルネットワーク市場のセグメンテーションと影響分析

    4.1。市場材料セグメンテーション分析

    4.2。産業展望

          4.2.1。市場指標分析

          4.2.2。市場ドライバー分析

          4.2.3。市場の制約分析

    4.3。技術的洞察

    4.4。規制の枠組み

    4.5。 ETOP分析

    4.6。ポーターのファイブフォース分析

    4.7。競争力のある距離空間分析

    4.8。価格動向分析

    4.9。顧客マッピング

第5章競争力のある風景

    5.1。メーカー別の市場収益シェア

    5.2。製造コストの内訳分析

    5.3。合併と買収

    5.4。市場ポジショニング

    5.5。戦略ベンチマーク

    5.6。ベンダーの

続く……

状況はレポートをお読みいただきありがとうございます。カスタマイズに関するお問い合わせや詳細については、当社までご連絡ください。お客様の要件を満たすレポートを確実に入手できます。 

私たちについて:

Reports and Dataは、シンジケート調査レポート、カスタマイズされた調査レポート、およびコンサルティングサービスを提供する市場調査およびコンサルティング会社です。当社のソリューションは、人口統計、業界全体の消費者行動の変化を特定、ターゲット設定、分析し、クライアントがよりスマートなビジネス上の意思決定を行うのを支援するというお客様の目的に純粋に焦点を当てています。ヘルスケア、テクノロジー、化学、電力、エネルギーなどの複数の業界にわたる関連性のある事実に基づく調査を保証するマーケットインテリジェンス調査を提供します。私たちは常にリサーチオファリングを更新し、クライアントが市場に存在する最新のトレンドを認識できるようにします。

 

お問い合わせ:

ジョン・ワトソン

事業開発責任者

直通電話:+ 1-212-710-1370

電子メール:sales@reportsanddata.com

レポートとデータ|ウェブ: www.reportsanddata.com

 

その他のレポートを閲覧する:

大規模なリードスイッチ市場の動向

負荷変換器市場分析

メインフレーム市場の成長

モバイルエネルギーストレージシステム市場収益

印刷された電子機器市場規模

支援およびリハビリテーションロボット市場シェア

ワイヤレスオーディオデバイス市場動向

ブロードキャストスイッチャー市場分析

レーダーレベル送信機市場の成長

青色レーザーダイオード市場収益

チップオンボード(CoB)LED市場規模

 

Back to top button