インドの飛行試験-新世代の地対空ミサイルAkashミサイル| インドのニュース

ハイデラバード:防衛研究開発機構(DRDO)は、金曜日にオリッサ沖の統合テスト範囲、チャンディプールからの新世代Akash(Akash-NG)ミサイルの飛行試験に成功しました。 テストは、ミサイルによって首尾よく傍受された高速無人航空機ターゲットに対して実行されました。
飛行試験は、独自に開発されたRFシーカー、ランチャー、多機能レーダー、コマンド、制御および通信システムを備えたミサイルで構成される完全な兵器システムの機能を検証しました。 国防省によると、この試験は、兵器システムの全天候型能力を証明する悪天候の中で実施された。
システムのパフォーマンスは、ITR、Chandipurによって展開された多数のレーダー、テレメトリ、および電気光学追跡システムによってキャプチャされたデータを通じて検証されました。 インド空軍将校のチームがテストを目撃しました。
7月21日、ミサイルは、シーカーがすべてのミッション要件を満たさずに飛行テストに成功しました。
ラージナートシン国防相は、DRDO、インド空軍、および業界が3日間で2回目のAkash-NGの飛行試験に成功したことを祝福しました。 彼は、この最先端のミサイルシステムの開発は、インド空軍の防空能力の力の乗数になるだろうと述べた。
国防省のR&D事務局長であり、DRDOの議長であるG Satheesh Reddy博士は、高速で機敏な空中脅威を阻止できるAkashNGの試験が成功したことをチームに祝福しました。

Back to top button