古いPCユーザー向けのMicrosoftの「良いニュース」には、この「悪いニュース」が付属しています。

マイクロソフトは最近、古いCPUを搭載したPCの所有者に朗報を伝えました。 「ISOファイルをすべて自分でダウンロードして手動でインストールする限り」、ユーザーが古いCPUを搭載したPCにWindows11をインストールすることを妨げることはないと述べています。 さて、この良いたよりには大きなキャッチがあるようです。 伝えられるところによると、同社はこれに大きな技術を追加しました。 The Vergeのレポートによると、ソフトウェアの巨人は、ユーザーがこのルートをとった場合、Windows11のコピーからWindowsUpdateを差し控えると脅迫しています。 これらのアップデートには、セキュリティパッチも含まれている場合があります。
伝えられるところによると、Microsoftは、サポートされていないPCはWindows Updateを受け取る資格がなく、セキュリティやドライバーの更新でさえも差し控えられる可能性があると述べています。 レポートはさらに、マイクロソフトがこれ以上のことを明確にすることを拒否したと付け加えています。
古いPCのユーザーにとってそれが何を意味するのか
つまり、これらの古いPCのユーザーがISOファイルルートを使用して手動でWindows 11にアップグレードすると、会社がリリースする将来のセキュリティ更新プログラムにアクセスできなくなる可能性があります。 これに伴うセキュリティリスクは、世界中で毎日何十万ものPCがハッキングされている私たちの生活を考えると想像できます。 これは、これらのユーザーがすべてのハードウェアのドライバー更新を手動でダウンロードする時代に戻らなければならないことも意味しますが、これは簡単な作業ではない可能性があります。
ISOファイルとは
ISOファイル(ISOイメージとも呼ばれます)は、CDやDVDなどの光ディスクにあるデータの同一のコピーを含むファイルです。 これらは、光ディスクのバックアップ、または光ディスクへの書き込みを目的とした大きなファイルセットの配布に使用されます。 何年にもわたって、マイクロソフトやその他の大手テクノロジー企業は、OSアップデートの無線アップデートに移行してきました。 OTAアップデートは、インターネットから手動でダウンロードすることも、自動モードにすることもできます。
Microsoftは、Windows11のシステム要件をわずかに変更します
Microsoftは、Windows11アップグレードのシステム要件もわずかに更新しました。 Windows 11は、Intel Core Xシリーズ、Xeon Wシリーズ、およびIntel Core7820HQを正式にサポートするようになります。 同社は6月にWindows11の最小ハードウェア要件を発表しました。これにより、Intel第8世代以降のCPUのみが正式にサポートされました。
「選択した互換性のある64ビットプロセッサ、4 GBのメモリ、64 GBのストレージ、UEFIセキュアブート、グラフィックス要件、およびTPM 2.0は、お客様を最適にサポートするために確立した原則を実現するための適切な最小システム要件であると結論付けました。」声明で言った。 「インテルの第7世代プロセッサーで実行しているときに、当初は最小システム要件に含まれていなかった原則を満たすPCモデルのセットを特定しました」と声明は付け加えました。

Back to top button