トルコ北部の深刻な洪水で少なくとも40人が死亡

INTANBUL:トルコ沿岸の深刻な洪水と土砂崩れによる死者数は、少なくとも40人に上った、と国の緊急災害機関は土曜日に言った。
水曜日に黒海のバルトゥン州、カスタモヌ州、シノプ州を襲った集中豪雨により洪水が発生し、家屋が破壊され、少なくとも5つの橋が切断され、車が流され、多くの道路が通行不能になりました。 トルコの災害機関AFADは、カスタモヌで34人、シノプで6人が死亡したと述べた。
当局によると、9人がシノプに入院したままで、1人がバルトゥン州で行方不明になった。 しかし、一部の住民はソーシャルメディアで、さらに数百人が行方不明になっていると述べた。これも野党議員の声明である。
当局によると、この地域全体で約2,250人が避難し、一部はヘリコプターで屋上から持ち上げられ、多くは学生寮に一時的に収容されていた。
気候科学者は、石炭、石油、天然ガスの燃焼により世界が温暖化するにつれて、気候変動が異常気象につながることを明確に述べています。 このような災害は、惑星が温暖化するにつれて、より頻繁に発生すると予想されます。
しかし、トルコの専門家は、河川への干渉と不適切な建設もトルコの洪水による甚大な被害の一因であったと述べています。
地質学者は、建設により、被害が最も深刻だったカスタモヌのボズクルト地区のエジン川の河床と周囲の沖積平野が400メートル(1,312フィート)から15メートル(49フィート)に狭まったと述べています。 ウォーターフロントに沿って住宅が建てられました。
大雨の間、収縮した小川は移動する領域が限られており、溢れる可能性があります。 住民が投稿したビデオでは、周囲の建物や道路が浸水し、ボズクルトの下流に水が流れ込んでいることが示されました。
ある地質学者のラマザン・デミルタス氏はツイッターで川床が狭くなっていることを説明し、今週の災害は人間のせいだと述べた。
洪水は、観光客に人気のある海辺の州ムーラとアンタルヤの森林地帯を荒廃させたトルコ南部の山火事の直後に発生しました。 少なくとも8人が死亡し、数千人の住民が逃亡を余儀なくされた。

Back to top button